外壁塗装のタイミング、時期に関しての話題です。。
外壁塗装の工事をしようと考えている方、また、外壁塗装工事をどのタイミングでするのが正解なの?と思われている方も多いかもしれません。
当然の事ですが、雨漏りや、壁面から雨漏りの形跡があるという場合は、工事を考えても良いと思いますが、何も問題が無い場合、しないといけないとは思うけど、どうなの?と思われている方も少ないないと思います。

住宅の建て方によっても若干の違いはありますが、一般的に手で外壁面を触って、手に白い粉が付着する状態は、塗装の劣化が始まっていて、そろそろ外壁塗装を考えるのが良い時期というサインになります。
これは専門的にはチョーキングという状態で、塗装されている塗料が劣化してきている証拠になります。
このような状態のまま長期間放置すると、塗料が完全に劣化して雨漏りの原因とか、住宅の外壁そのものに悪い状態になります。
神戸 塗装
左官で仕上げた外壁で塗装をしているという場合は、塗装の膜が劣化する事で左官の壁が直接的に雨などにさらされる事になります。 左官の壁に直接 雨が当たると、雨漏りの原因になるし、そのまま放置すると、左官面があれて、クラックなども入り、ますます雨漏りの原因になります。
こうなってしまうと塗装だけで工事が済まないので、金銭的にもお金がかかってしまいます。
後、最近 多いサイディングの壁の場合、サイディングの材質にもよりますが、塗膜が劣化した事で、一気に弱くなり、ボロボロになってしまう場合もあります。
また、サイデイングの外壁の場合は、サイデイング同士をつつなげている部分のコーキングも大事な部分です。
サイディングの壁の場合、そのものの塗装もですが、このコーキング部分が早く劣化しているパターンが多いです。
外壁塗装の場合、状態にもよりますが、このコーキング部分を打替えしてから塗装するのが一般的な工事になります。

コーキングは、そもそも塗装をしていない状態なら5~7年で劣化する場合が多いです。
ですので、新築の場合は、早くにコーキング部分が劣化するパターンになります。
外壁塗装工事の場合は、コーキング部分に塗装を乗せる事になるので、新築の時よりも長期間もちがよくなると考えて良いと思います。

どちらにしても、最初に書いたように、手に白い粉が付着するチョーキングが見られた時は、早めに外壁塗装を考えるのが住宅には良いと思います。

外壁塗装と同じく考えておいた方が良いのが屋根の塗装です。
今の住宅の多くは瓦ではなく、カラーベストという材質を使って屋根を作っています。
このカラーベスト部分も塗装が劣化すると割れも多くなって、すぐさま雨漏りにはならない(カラーベストの下にはルーフィングという材質があります)のですが、雨漏りの原因になりかねません。
屋根塗装を行う場合も足場が必要になるので、外壁塗装と同時に屋根の塗装も考えた方が、トータルで考えると価格を抑える事が出来ますので、外壁塗装と同時に屋根塗装も考えるのがベストだと思いますね。

神戸 塗装